• ホーム
  • 音声検索の精度がアップ!今後どうなる?

音声検索の精度がアップ!今後どうなる?

パソコンとスマホを使用する人

ジョン・ミュラーはGoogleが利用している構造化データで、ほんの一部しか知られていません。Googleではどのようなタイプの検索意図を持ってサポートしているのかが課題ですが、使われない構造化データは全くマークアップされていません。
全てをサポートしていますがモバイルや音声検索などの対策は、検索に出現しなくても全てインデックスしているとされています。検索クエリや最適化などを意識したレビューやレシピと言われるようなパンくずリストや検索意図は、検索ボックスなどで必要な構造化データとして保存されています。これは目に見える形で存在しているので、設定する意味もわかりますし音声検索はとても必要なものになります。
検索結果に現われない高度なクエリだとしても、できる限り構造化データをマークアップすることが対策になっています。Googleはこのことを推奨していますが理由としてデータがたくさんあればあるほどコンテンツの手助けになっているからとしています。ページ内にあるデータは最適化でGoogleでインデックスがされていますが、ユーザーのクエリに関連性があるかをさらに的確に判断しています。
ジョン・ミュラーは検索結果に現れている構造化データの利用を推奨していて、そのデータにどのくらいまでの力を入れるべきかを模索しています。そして高度なアドバイスの中で明確な答えは出せないが、目に見える効果をもたらすとされているデータに特に集中することが大切です。
作業の結果は関係性をはっきりとさせるため、その点は適度に行う方が最終的に良い結果を招きます。ページを理解するためにデータを使用しており、関連性がもし認められた場合には検索上位表示になるというシステムです。これがページ内に存在していても、それだけで順位が1位になる可能性は低く、ジョン・ミュラーの場合は目に見える形で結果を確認しています。データに集中して取り組むことが推奨されていますが、次のステップに行くときには構造化データの追加をするようにしていきます。その理由はGoogleのコンテンツの理解を助けることもありますし、検索結果の上位表示にとても役立ちます。ビジネスに関連性があるデータも可能であれば、できる限りたくさんマークアップすることが推奨されています。有益で高品質なコンテンツは、さらにサイトを使いやすく表示スピードも速くさせるのでよりモバイルの効果を出すことができます。