• ホーム
  • 記事を書くときに気にかけておきたい共起語について

記事を書くときに気にかけておきたい共起語について

パソコンで仕事する男性

共起語はキーワードが含まれているコンテンツの中に、その対象となるキーワードと同様に頻繁に使われる単語のことを言います。Google検索というキーワードがあるとして、Googleと検索が文章の中に常に同時に出てくる可能性が高く、その単語を共起語として位置付けます。
共起語はGoogleが特定のコンテンツで専門性を見出しており、検索意図などをしっかりと把握しています。その配慮が頻度の高い要素となっていると見られていて、適切に共起語を使用することはコンテンツ自体の検索意図を知ることとなります。
上位表示に役立つ可能性もありますが、本来は共起語を気にすることなく質の高いコンテンツを制作するだけで、そこにキーワードが含有されることが理想です。ペルソナに合わせることで適切なコンテンツを作成できますが、質の高いコンテンツが対象となるので、共起語も比較的自然に含めていくことが検索エンジンからの評価を高めるコツです。
共起語を適当な形に含有させることよりも、ユーザーの利便性を考えたコンテンツに仕上げることが優先となっています。このような配慮をしながら検索上位に表示されやすいコンテンツ作りを行っていきます。
基礎知識やSEOに対する効果だけではなく、上手な活用方法についても取り組んでみましょう。コンテンツ作りにうまく活用させることは大切で、基礎知識も知っておく必要があります。共起語の具体的な意味や関連ごとも間違いやすいので、主軸となっているキーワードを対象にします。関連性が強いことが第一条件ですが、使用頻度も高く単語として使用されます。単語は一つではなく複数存在しているのでわかりやすく、コンテンツを見てみると同じページに単語が頻繁に出てきます。キーワードと同時に使われていますが、SEO対策の観点から見ることもできます。
検索結果でも上位表示されるコンテンツの中に含まれることが多く、その特定キーワードが含まれているコンテンツに対してGoogleが一定の評価をしています。コンテンツを作成するときは、キーワードのみではなくこの存在が必要ですが、Googleではユーザーが持つ疑問などに答えるような情報も必要とします。専門性の高い内容は評価される傾向もありますが、その結果コンテンツを上位に表示させることは有益です。混同されがちな言葉ですが関連語はサジェストキーワードともよばれ、別のものになっているので注意が必要です。