• ホーム
  • 必須!サイトの常時SSL化について確認

必須!サイトの常時SSL化について確認

サイトを運営していくにあたってセキュリティはとても大切な位置付けで、常時SSL化はサイト全体を暗号化することを言います。
サイト上では、ログインページやクレジットカードなどの決済ページで、個人情報やパスワードなどを入力するぺージがあります。今まではこの部分のみの通信を暗号化にして、重要な情報だけを保護するという形が一般的でした。
最近はGoogleなどで通信の暗号化を推進する働きがあり、周りの意識も高まりつつあります。ウェブサイトでは常時SSL化が求められていて、未対応である方が珍しいくらい常識になっています。サイトのセキュリティ向上については、URLがHTTPから始まっているページは通信が暗号化されていません。これは第3者によりブラウザとサーバーの間の通信データを改ざん・盗聴されてしまうケースがあり、安全面ではとても良いとは言えません。未対応でもこの技術を用いて通信の暗号化を取り入れていくことによって、サイトを訪問したユーザーが安心してサイトを利用することができます。通信の暗号化により、多くの脅威を防ぐことができ安全面でもメリットが多いので、通信内容を盗聴されたり、改ざんされることもありません。
SSLサーバー証明書という組織認証型は、認証局にてサイト運営者の実在性を確認しているという証拠です。全てのウェブサイトで第3者がなりすましていないことを証明し、デメリットをメリットに変えていきます。第3者によるなりすましはサイト表示の高速化によって改ざんされ、サイトを表示することも可能です。これを使うことでサイトの表示速度が遅くなると言われることもありましたが、現在はそれも改善され、快適に利用することも可能になっています。
運営しているサイトにアクセスした時に評価されるのは、デベロッパーツールを開くことで可能です。デメリットはコンテンツが与えている検索順位への影響などを比べると、常識としてはHTTPのランキングシグナルウェイトがかなり評価されていることです。パスワードの受送信をするようなケースで必須とされていますが、一般的に知られているSSLと表記されることが多いです。サーバ証明書を発行する場合、証明書署名要求となりますが公開鍵やコモンネームや、組織名など多くの情報が含まれているので安全面でも気をつける必要があります。作成方法はマニュアルが用意されているので、それに従って登録していくことになります。