• ホーム
  • サイトマップを送信した方が良いと言われる理由

サイトマップを送信した方が良いと言われる理由

サイトマップはサイト内でのページについてをわかりやすく一覧にしたもので、サイトの目次のような役割があります。情報をリストにしているのですが、HTMLサイトマップはサイトの構成を一覧にしたもので、クロールの存在などからとても有名です。サイトを訪れているユーザーがサイトの全体的なイメージや、現在どのページを見ているのかを把握するためにしようするものです。
項目をそれぞれクリックすれば、希望のページに飛ぶことができる便利なシステムなので、HTMLサイトマップは認知度も高くなります。
XMLサイトマップはSEO効果を期待していますが、サーチコンソールに登録しておけば、サイト内へ優先的にクローラーに来てもらえるメリットがあります。もしサイト内をクロールされると、有利なことがたくさんありますが、そのままにしておけばクローラーがサイトに来てくれるというわけではありません。優先的に巡回してくれるこの機能は、日々SEO対策の成果や検索順位が反映されにくいという時にその効果を発揮します。クローラーがクロールすることで認識をしてくれることにより、ユーザーにとっても有利になることがあります。
Googleの検索エンジンは、検索順位が気になるところですがサイトを巡回しながら情報収集をするプログラムとして存在しています。これがサイトを訪れ、サイトの情報を認識しデータベースに登録するというシステムです。
データとともにアルゴリズムによってサイトが良質であるかどうかを判断しますが、このようなシンプルなステップで検索順位が決定されることになります。どんなに良質なコンテンツを発信していても、これらのどれか一つでも欠けていると、検索エンジンでの上位表示を期待することができません。ステップの段階でクロールは色々なリンクを辿ることができますが、サイトを巡回することで認識しています。
立ち上げたばかりのサイトでも、他に貼られているリンクの数が少ない時は、クロールの巡回自体が少ないという可能性もあります。このような時はXMLサイトマップが有利になりますが、サーチコンソールに登録しておく必要があります。クロールがサイトを巡回する時に、サイトマップの情報を利用することができ、登録している人を優先して巡回してくれます。SEO対策は検索順位に反映されやすくなる効果が得られますが、XMLサイトマップを利用することも大切です。サーチコンソールへの登録は複雑ではないので、気軽に登録することをおすすめします。