• ホーム
  • サイトがインデックスされる仕組み

サイトがインデックスされる仕組み

インデックスされる仕組みについては、Googleなどの検索エンジンの基本知識を学んでおく必要があります。検索キーワードはコンテンツを検索するときに使用しますが、それに関連した内容のページがたくさん表示されます。検索エンジンにはキーワードに関連しているページも適切に見つけ出し、検索結果を表示しているので見やすいとされています。
URL正規化には様々な意味合いがありますが、クローラーとインデックスがあるので、検索エンジンはクローラーを派遣することで膨大な量のページを全てチェックすることができます。
canonicalはページ内容が似ていたり、重複しているURLがたくさん存在しているときに検索エンジンからページの評価の分散がされないように用いるものです。コンテンツの重複が起こっているときには、一般的にリダイレクトを用いることで正規化しています。しかしこれが使用できないときには、アクセス可能なものを作る必要があります。canonicalは主要な検索エンジンで対応していますが、正規化はこのようにおきています。
nofollow属性は、リンク先にページ評価の受け渡しがあったときに無効化することが可能な属性です。nofollowはリンクを無効化するように検索エンジンへ伝える働きがあり、通常のリンクジュースとはまた違った働きをしています。
noidexはSEOで一般的に使われている言葉ですが、特定のURLを検索エンジンにインデックスをさせないようにするための構文になります。noidexが記述されている場合、どのようなキーワードで検索したり、低品質なサイトでも検索結果に現れないようになっています。
metaはタグを用いてページ概要の指定などを行いますが、検索エンジンロボットへの動作の命令なども行います。metaタグで検索エンジンは内容をもとにして、サイトの概要を把握することに役立てます。
SSLはセキュリティの役割があり、パスワードや個人情報などを入力する必要があるときに、その情報が盗まれないように保護する役割があります。SSLは以前よりも認知度が広まってきており、あらゆるサイトが取り入れていてセキュリティ面でも安心です。低品質なサイトでも用いていることが多いので、検索エンジンの仕組みを知って快適に利用することができます。SEO対策を行う時はURL正規化を用いて、サイトの運営をスムーズにできるようにします。