パソコンを使用する人

エイジングフィルターはGoogleでSEO効果を行なっても検索エンジンに表示されなくなった時に確認する部分です。
新規ドメインに対して施しているアルゴリズムで、アフィリエイトをしている人には身近な項目となります。Googleはこのアルゴリズムに関しては公表しておらず、具体的な内容はブラックボックス化されています。このフィルターにかかってしまうことで、記事が検索順位圏外になるので、初めてこの状況に遭遇した人は戸惑う可能性があります。
原因は初めの段階で更新頻度や記事の数など、ユーザーのサイトでの滞在時間などが関わっているということもあります。新規ドメインでサイトを始めた場合は英字のものよりも、日本語で綴られているものの方が時間がかかりやすいです。
中古ドメインの有料・無料の有無は関係ないので、インデックスをしっかりと確認します。ドメインパワーでは記事がほぼ圏外になるのですが、一定の時間や期間が過ぎると順位が前の状態に戻ります。1週間から半年くらいの期間があくので、エイジングフィルターの存在を知らない人が遭遇すればSEO効果を疑うことになります。
サイトを始めたばかりの頃は確実にペナルティを受けたと勘違いしやすく、サイトの更新を諦めたりするケースもあります。SEO効果を意識した上で、オリジナルドメインを使用して運営をしているのであれば、まずペナルティを受けることはありません。アクセス数やエイジングフィルターの中から見分けることになりますが、サイトのアクセス数を解析してみると、ある瞬間にプレビュー率が下がることもあります。このケースもフィルターにかかってしまっている確率が高いので、記事のタイトルやキーワード・トラフィックの単位で検索してみるようにします。
中古ドメインを使用している時はまた状況が変わりますが、圏外に飛ばされた可能性がある時は更新を一時的に止めてみることも方法の一つです。解除されるまではアクセスも期待できないですし、インデックスをされることもありません。一度更新作業を止めてみることで、中古ドメインなどの効果を期待することができます。アクセス数を増やすことで解除される時がわかるので、記事の投稿を開始することもできますし、被リンクがついているかも確認しておきます。トラフィックは新規ドメインが突然検索順位圏外になるケースもあり、エイジングフィルターにかかっている可能性があります。中古ドメインでも被リンクを確認しながら、オリジナルドメインを選択していきます。